藤本紀久子、相原幸雄、藤本洋子で運営するフード&デザインプロデュース会社。神奈川県藤沢市のスタジオにてクッキングスクール・料理教室も開催。主宰はクッキングコーディネーター藤本洋子。


by s-cultivate

プロフィールを見る
画像一覧

スクールへの申込・問合せ

www.s-cultivate.com

上記のstudiio cultivate HPからスクールの詳細をご覧頂く事ができます。

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2009年 01月

最新のトラックバック

検索

タグ

その他のジャンル

最新の記事

「ローマ風トリッパの煮込み」..
at 2014-02-08 17:17
小粋な江戸の”鍋料理”を”ご..
at 2014-01-30 11:41
2013年『自然派ワインの新..
at 2013-12-11 23:31
至福の秋、美味しい日本茶で頂..
at 2013-11-26 18:54
ワイングラスで”アレンジ和食..
at 2013-11-16 23:44

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

庭先のオリーブが豊作の今年「オリーブの塩漬け」に挑戦してみました。(記:藤本 洋子)

a0195310_18121946.jpg
a0195310_1812821.jpg

カルティベイトのスタジオ正面のオリーブの木、今年は猛暑だったお陰でしょうか・・豊作、8月の最後の料理教室の後、収穫しました。「オリーブの塩漬け」に初挑戦です。2回に分けた収穫で約800g、10年目の快挙です。


初めての挑戦なので“小豆島オリーブ課”の方法を参考に今回は薄い苛性ソーダを使っての渋抜きの方法を採用しました。1晩でこんなにまっ黒。
a0195310_18172948.jpg

オリーブの実は渋いのでカラスが狙わないらしい・・・と言う話を聞きましたが、この色をみて納得。
a0195310_1814434.jpg


渋抜き終了して塩水に漬け込み、1日ごとに1%づつ塩分濃度を上げながら、好みの塩分濃度まで到達させていきます。私は浅漬けが好みなので塩分控えめのフレッシュな仕上がりに調整しました。初回の作品(奥)は少し”色黒”になってしまったので、渋抜きの方法をちょっと変更して再チャレンジ。
まさに”料理は科学”・・・実験ですね。そして、一番大事な「美味しいのポイント」”手間と愛情”一杯かけて「美味しくなぁれ・・・」と願いながら待つ事かな?何とも楽しいんです!
a0195310_1836923.jpg


そして待つ事数週間、「自家製・オリーブの塩漬け」の完成です。グリーンの色もきれいに残り、少し若い感じですがそこも含めて中々の仕上がりかな?お気に入りのワインと共に至福の時です。料理教室の生徒さんにも”お裾わけ”しましょう。
a0195310_1837886.jpg

[PR]
by s-cultivate | 2013-10-05 18:39