藤本紀久子、相原幸雄、藤本洋子で運営するフード&デザインプロデュース会社。神奈川県藤沢市のスタジオにてクッキングスクール・料理教室も開催。主宰はクッキングコーディネーター藤本洋子。


by s-cultivate

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

スクールへの申込・問合せ

www.s-cultivate.com

上記のstudiio cultivate HPからスクールの詳細をご覧頂く事ができます。

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2009年 01月

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

最新の記事

「ローマ風トリッパの煮込み」..
at 2014-02-08 17:17
小粋な江戸の”鍋料理”を”ご..
at 2014-01-30 11:41
2013年『自然派ワインの新..
at 2013-12-11 23:31
至福の秋、美味しい日本茶で頂..
at 2013-11-26 18:54
ワイングラスで”アレンジ和食..
at 2013-11-16 23:44

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

今年の自家製「アンチョビ」完成です。 (記:藤本 洋子)

a0195310_15343592.jpg

地元の魚屋さんに新鮮な”しこいわし”が並びはじめる春先、そろそろ1年分のアンチョビの仕込みの頃合い。去年はお休みしてしまったので、2年ぶりの仕込み開始。
今年は「相模湾のしこいわし」、「五島列島の塩」をたっぷりまぶし「小豆島のオリーブオイル」で漬けこみました。冷蔵庫で保存の「自家製アンチョビ」、いろいろな料理の素材として大活躍です。
そして、自分で調整しているので塩の加減が”いい加減”・・・・塩抜きなしでそのまま食べても美味しいんです。


まずは1切づつ丁寧に手開きで頭と骨を外して「五島列島の塩」に漬け、このまま1ケ月冷蔵庫で寝かせます。
a0195310_15145625.jpg
a0195310_1515667.jpg

冷蔵庫で1ケ月静か寝かせた”塩漬けのしこいわし”、好い具合に熟成中。
上澄みの魚醤も大事な調味料。
a0195310_15163724.jpg

余分な塩を洗って、1切づつ丁寧にお掃除・・・これがまた“世界に入れる地道な作業”
そして「小豆島のオリーブオイル」に漬け込みです。
a0195310_1517079.jpg

a0195310_15171739.jpg

料理教室で作った「自家製アンチョビとセミドライトマトのケークサレ」にたっぷり、塩味控えめなのでたっぷり使えます。
a0195310_15203953.jpg

a0195310_1539397.jpg

[PR]
by s-cultivate | 2012-05-22 15:49