人気ブログランキング | 話題のタグを見る


藤本紀久子、相原幸雄、藤本洋子で運営するフード&デザインプロデュース会社。神奈川県藤沢市のスタジオにてクッキングスクール・料理教室も開催。主宰はクッキングコーディネーター藤本洋子。


by s-cultivate

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

スクールへの申込・問合せ

www.s-cultivate.com

上記のstudiio cultivate HPからスクールの詳細をご覧頂く事ができます。

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2009年 01月

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

最新の記事

「ローマ風トリッパの煮込み」..
at 2014-02-08 17:17
小粋な江戸の”鍋料理”を”ご..
at 2014-01-30 11:41
2013年『自然派ワインの新..
at 2013-12-11 23:31
至福の秋、美味しい日本茶で頂..
at 2013-11-26 18:54
ワイングラスで”アレンジ和食..
at 2013-11-16 23:44

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

心改まる充実した2日間の世界料理学会でした(記:藤本紀久子)

4/23,24の2日間、函館で開催された第三回世界料理学会に参加してきました。
エルブジに代表される新しい料理の探求や素材の追求、そしてそれを共有し高め合おうという
世界的なムーブメントの日本版です。
心改まる充実した2日間の世界料理学会でした(記:藤本紀久子)_a0195310_1819545.jpg

日本における発起人である、函館の深谷シェフは、バスク料理を代表する賢者です。
深谷シェフの開会宣言によって始まりました。
心改まる充実した2日間の世界料理学会でした(記:藤本紀久子)_a0195310_18214213.jpg

心改まる充実した2日間の世界料理学会でした(記:藤本紀久子)_a0195310_18223811.jpg

ルマンジュトゥーの谷シェフや、料理ジャーナリストとして料理人からの信頼も厚い
斎藤壽氏といった方たちから、
TAKAZAWAの高沢シェフのような気鋭の若手、
さらに、スペイン、フランス、アメリカ、メキシコと、海外からのシェフ、
聞きごたえのあるトークセッションや講演がブッキングされています。
心改まる充実した2日間の世界料理学会でした(記:藤本紀久子)_a0195310_18363015.jpg

心改まる充実した2日間の世界料理学会でした(記:藤本紀久子)_a0195310_18364250.jpg

心改まる充実した2日間の世界料理学会でした(記:藤本紀久子)_a0195310_18365492.jpg

1日目、秋田のPatisserie STOVEの斎藤シェフの、違う食感の組み合わせによる
ドラマティックなお菓子の紹介が小気味良いプレゼンテーション、
心改まる充実した2日間の世界料理学会でした(記:藤本紀久子)_a0195310_18435923.jpg

心改まる充実した2日間の世界料理学会でした(記:藤本紀久子)_a0195310_18441293.jpg

フランス、オンフルールから参加したアレクサンドル・ブルダスシェフの講演、
「コンヴィヴィアリテ(懇親性)」が彼の最も大切にする信条、
「レストランはよろこびを分かち合う場所、レストランは劇場ではない」
というメッセージはまた、レストランの本来の姿を再認識する意義あるものでした。
心改まる充実した2日間の世界料理学会でした(記:藤本紀久子)_a0195310_1849221.jpg

レストランは「Sa Qua Na」、サカナ、でもあり、Savior,Qualite,Nature を込めたもの、
モダンな空気感のなかにある自然体のホスピタリティを感じます、
いつか訪れてみたいレストランのひとつです。
心改まる充実した2日間の世界料理学会でした(記:藤本紀久子)_a0195310_18535132.jpg

心改まる充実した2日間の世界料理学会でした(記:藤本紀久子)_a0195310_18545831.jpg

今回の食材テーマでもある海藻について、北海道大学の安井肇博士からのプレゼンテーション、
日頃親しんでいる海藻について、その新たな付加価値を示すものでした。
心改まる充実した2日間の世界料理学会でした(記:藤本紀久子)_a0195310_19331039.jpg

心改まる充実した2日間の世界料理学会でした(記:藤本紀久子)_a0195310_19333269.jpg

海外の気鋭シェフの海藻への注目の大きな要素は主にその物性、粘りによる効果、
あの風味は苦手でも、その食感へのアプローチに興味があるようなのです。
心改まる充実した2日間の世界料理学会でした(記:藤本紀久子)_a0195310_1935246.jpg

夕方からのパーティーには、それぞれのシェフのアミューズがふるまわれました。
心改まる充実した2日間の世界料理学会でした(記:藤本紀久子)_a0195310_1982254.jpg

心改まる充実した2日間の世界料理学会でした(記:藤本紀久子)_a0195310_1983983.jpg

2日目のハイライトは、シカゴから参加のグラン アケッツシェフ、
同業のシェフたちも注目の講演です。
心改まる充実した2日間の世界料理学会でした(記:藤本紀久子)_a0195310_1994820.jpg

レストランの信念を伝えることはディティールの分析から、
レストランは、新しいことを体験するときのドキドキ、戸惑い、笑い、
そんなすべてを感じてもらう場所。自信に満ちたプレゼンテーションは圧巻です。
モダンアートのようなスダチ、テーブルのオブジェ、最後にはデセールのソースに。
心改まる充実した2日間の世界料理学会でした(記:藤本紀久子)_a0195310_1915913.jpg

料理のクリエイティビティにテーブルウェアが従うべき、という発想、
凍ったままの状態でサービスできるプレート、
心改まる充実した2日間の世界料理学会でした(記:藤本紀久子)_a0195310_19174236.jpg

テーブルクロスを使わずに、カトラリーを美しく清潔にセッティングするピロー、
心改まる充実した2日間の世界料理学会でした(記:藤本紀久子)_a0195310_19185813.jpg

昆布のだしをサイフォンで取り、サーブする、
心改まる充実した2日間の世界料理学会でした(記:藤本紀久子)_a0195310_19223684.jpg

心改まる充実した2日間の世界料理学会でした(記:藤本紀久子)_a0195310_19224990.jpg

こういったアプローチに、疑問を呈する聴衆もあったなか、
ベテランの谷シェフから「料理人の発想、素描は彼もまた同じ、その表現にいろいろな
かたちがあってもいいのではないか」という弁、会場から満場の拍手でした。
斬新な発想で顧客を魅了する、ここもまた、いつか訪れてみたいレストランです。
様々な料理人の生き様や真摯な仕事を垣間みるとともに、
北海道の食材にも出会えた今回の料理学会、また来年ここで会おうと誓いながら幕を閉じました。
心改まる充実した2日間の世界料理学会でした(記:藤本紀久子)_a0195310_1928152.jpg

by s-cultivate | 2012-05-13 19:36