藤本紀久子、相原幸雄、藤本洋子で運営するフード&デザインプロデュース会社。神奈川県藤沢市のスタジオにてクッキングスクール・料理教室も開催。主宰はクッキングコーディネーター藤本洋子。


by s-cultivate

プロフィールを見る
画像一覧

スクールへの申込・問合せ

www.s-cultivate.com

上記のstudiio cultivate HPからスクールの詳細をご覧頂く事ができます。

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2009年 01月

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

最新の記事

「ローマ風トリッパの煮込み」..
at 2014-02-08 17:17
小粋な江戸の”鍋料理”を”ご..
at 2014-01-30 11:41
2013年『自然派ワインの新..
at 2013-12-11 23:31
至福の秋、美味しい日本茶で頂..
at 2013-11-26 18:54
ワイングラスで”アレンジ和食..
at 2013-11-16 23:44

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2012年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「よりそう、器と食と、展」ありがとうございました。

沢山の皆様にお越しいただきました。心よりお礼申し上げます。友人の皆様はもちろん
ご近所の皆様にご覧いただき、お話させていただけたことが良かったと思います。
フードコーディネーター藤本紀久子が倉田さんの器の魅力とカルティベイトのお菓子についてのコラムを書きました。
倉田さん、撮影の高岡さんありがとうございました。

a0195310_22452363.jpg
a0195310_22451271.jpg
a0195310_2245177.jpg
a0195310_22445137.jpg
a0195310_22444184.jpg

[PR]
by s-cultivate | 2012-04-22 22:47

「よりそう器と食と、展」いろいろ発見がありました。(記:藤本紀久子)

前日までの冷たい雨もあがり、気持ちのいい日曜日に恵まれて、
よりそう器と食と、展のオープニングパーティーが開催されました。
テーブルに並べた倉田さんの器は、スタジオの自然光によく映えます。
a0195310_18523970.jpg

a0195310_1852524.jpg

スタジオの棚をひとつディスプレイ専用棚に解放、目線の高さで見るとその端正さが引き立ちます。
棚の白をバックにすることで器のフォルムが印象的です。
a0195310_18562826.jpg

我が家の普段の食卓でもよく登場する倉田さんの器は、佇まいもさることながら、
料理を盛りつけることでまた良さがわかることを、今回お見せしたいという意図もありました。
「くじら」と呼ばれる、内側と外側がきっぱり分かれたこの器、何を盛りつけてもきまります。
五島列島の浜口水産さんの新鮮なすり身を使った鯵とひじきのメンチや、
ハーブとパルメザンを練り込んだ飛魚のおやきなど、ひとくちの惣菜がシックになります。
a0195310_18592821.jpg

平皿や小鉢も、倉田さんが和洋食器と呼ぶように、何気ないものを盛りつけやすい食器です。
酒粕と味噌とクリームチーズ、バジルとレモンとクリームチーズと、
和洋食器ということで、すべてのメニューをみんな和風味と洋風味にしました。
a0195310_1912962.jpg

食のメインは、陶芸の窯で下焼きして、スタジオで仕上げたフォカッチャ。
どちらも火から生まれる器と食、というテーマを体現するメニューです。
焼きたてを召し上がっていただき、好評、よかった。こういうことがほんとうに嬉しいですね。
a0195310_198566.jpg

光沢のある角皿にはつやつやのレモンのタルトレット、軽い口当たりのオリジナルレシピです。
a0195310_19101236.jpg

カルティベイトのクライアントとの仕事にも度々使わせていただいている倉田さんの器、
その仕事のご紹介もパネル展示しています。
a0195310_19122247.jpg

パーティーには我が家の看板犬COMOも参加、フォカッチャのご相伴でひといき。
a0195310_19183242.jpg

晴れた春の午後、扉を全開にして、器や料理を一同に会して、
久しぶりに再会する友人や仕事仲間、ご近所の皆さんにも来ていただいて、
ほんとうに和やかに過ごすことができました。ありがとうございました。
a0195310_19144032.jpg

[PR]
by s-cultivate | 2012-04-17 19:20

「よりそう器と食と、展」いろいろ発見がありました。(記:藤本紀久子)

前日までの冷たい雨もあがり、気持ちのいい日曜日に恵まれて、
よりそう器と食と、展のオープニングパーティーが開催されました。
テーブルに並べた倉田さんの器は、スタジオの自然光によく映えます。
a0195310_18523970.jpg

a0195310_1852524.jpg

スタジオの棚をひとつディスプレイ専用棚に解放、目線の高さで見るとその端正さが引き立ちます。
棚の白をバックにすることで器のフォルムが印象的です。
a0195310_18562826.jpg

我が家の普段の食卓でもよく登場する倉田さんの器は、佇まいもさることながら、
料理を盛りつけることでまた良さがわかることを、今回お見せしたいという意図もありました。
「くじら」と呼ばれる、内側と外側がきっぱり分かれたこの器、何を盛りつけてもきまります。
五島列島の浜口水産さんの新鮮なすり身を使った鯵とひじきのメンチや、
ハーブとパルメザンを練り込んだ飛魚のおやきなど、ひとくちの惣菜がシックになります。
a0195310_18592821.jpg

平皿や小鉢も、倉田さんが和洋食器と呼ぶように、何気ないものを盛りつけやすい食器です。
酒粕と味噌とクリームチーズ、バジルとレモンとクリームチーズと、
和洋食器ということで、すべてのメニューをみんな和風味と洋風味にしました。
a0195310_1912962.jpg

食のメインは、陶芸の窯で下焼きして、スタジオで仕上げたフォカッチャ。
どちらも火から生まれる器と食、というテーマを体現するメニューです。
焼きたてを召し上がっていただき、好評、よかった。こういうことがほんとうに嬉しいですね。
a0195310_198566.jpg

光沢のある角皿にはつやつやのレモンのタルトレット、軽い口当たりのオリジナルレシピです。
a0195310_19101236.jpg

カルティベイトのクライアントとの仕事にも度々使わせていただいている倉田さんの器、
その仕事のご紹介もパネル展示しています。
a0195310_19122247.jpg

パーティーには我が家の看板犬COMOも参加、フォカッチャのご相伴でひといき。
a0195310_19183242.jpg

晴れた春の午後、扉を全開にして、器や料理を一同に会して、
久しぶりに再会する友人や仕事仲間、ご近所の皆さんにも来ていただいて、
ほんとうに和やかに過ごすことができました。ありがとうございました。
a0195310_19144032.jpg

[PR]
by s-cultivate | 2012-04-17 19:20

「よりそう器と食と、展」開催しました。(記:藤本紀久子)

前日までの冷たい雨もあがり、気持ちのいい日曜日に恵まれて、
よりそう器と食と、展のオープニングパーティーが開催されました。
テーブルに並べた倉田さんの器は、スタジオの自然光によく映えます。
a0195310_18523970.jpg

a0195310_1852524.jpg

スタジオの棚をひとつディスプレイ専用棚に解放、
目線の高さで見るとその端正さが引き立ちます。
棚の白をバックにすることで器のフォルムが印象的です。
a0195310_18562826.jpg

我が家の普段の食卓でもよく登場する倉田さんの器は、佇まいもさることながら、
料理を盛りつけることでまた良さがわかることを、今回お見せしたいという意図もありました。
「くじら」と呼ばれる、内側と外側がきっぱり分かれたこの器、何を盛りつけてもきまります。
五島列島の浜口水産さんの新鮮なすり身を使った鯵とひじきのメンチや、
ハーブとパルメザンを練り込んだ飛魚のおやきなど、ひとくちの惣菜がシックになります。
a0195310_18592821.jpg

平皿や小鉢も、倉田さんが和洋食器と呼ぶように、何気ないものを盛りつけやすい食器です。
酒粕と味噌とクリームチーズ、バジルとレモンとクリームチーズと、
和洋食器ということで、すべてのメニューをみんな和風味と洋風味にしました。
a0195310_1912962.jpg

食のメインは、陶芸の窯で下焼きして、スタジオで仕上げたフォカッチャ。
どちらも火から生まれる器と食、というテーマを体現するメニューです。
焼きたてを召し上がっていただき、好評、よかった。こういうことがほんとうに嬉しいですね。
a0195310_198566.jpg

光沢のある角皿にはつやつやのレモンのタルトレット、軽い口当たりのオリジナルレシピです。
a0195310_19101236.jpg

カルティベイトのクライアントとの仕事にも度々使わせていただいている倉田さんの器、
その仕事のご紹介もパネル展示しています。
a0195310_19122247.jpg

パーティーには我が家の看板犬COMOも参加、フォカッチャのご相伴でひといき。
a0195310_19183242.jpg

晴れた春の午後、扉を全開にして、器や料理を一同に会して、
久しぶりに再会する友人や仕事仲間、ご近所の皆さんにも来ていただいて、
ほんとうに和やかに過ごすことができました。ありがとうございました。
a0195310_19144032.jpg

[PR]
by s-cultivate | 2012-04-17 19:20

よりそう、器と食と。展  倉田牧郎 + スタジオ カルティベイト

よりそう、器と食と。展  倉田牧郎 + スタジオ カルティベイト
2012年4月14日(土)〜4月21日(土) スタジオ カルティベイト 片瀬山オフィス

遥か昔、人は焚き火に食物を投げ入れ、その火の中から土器が生まれた。器と食はそんな風に
「よりそう」ように私達の暮らしに息づいてきた。器と食を通じて、共に歩んできた、陶芸家
とフードコーディネーターの「よりそう」イメージを、その作品を通してご覧ください。
倉田牧郎さんの器の販売もございます。

● 倉田牧郎 陶芸家 鎌倉にて陶芸工房:佐助Room 114を開設。 現代のライフスタイル
  にマッチした器を手がけている。
佐助 Room 114  http://sasuke-room114.jp
神奈川県鎌倉市佐助1-14-1 TEL/FAX 0467-24-5872

● スタジオ カルティベイト 代表 藤本紀久子/相原幸雄/藤本洋子 数々のフードブランド
  のコンサルティングからデザインプロデュースを務めるユニット。
スタジオ カルティベイト http://www.s-cultivate.com
神奈川県藤沢市片瀬山2-7-3 TEL/FAX 0466-28-0731

◯ オープニングパーティー  
日時 4/15(日) 14:00〜17:00 その他の曜日は11:00〜17:00 オープン
場所 スタジオカルティベイト 片瀬山オフィス


器と料理の展示をご覧いただきながら、お酒とおつまみをご用意し皆様のお越しをお待ちしております。お気軽にご参加ください。
a0195310_21493245.jpg

[PR]
by s-cultivate | 2012-04-03 22:12