藤本紀久子、相原幸雄、藤本洋子で運営するフード&デザインプロデュース会社。神奈川県藤沢市のスタジオにてクッキングスクール・料理教室も開催。主宰はクッキングコーディネーター藤本洋子。


by s-cultivate

プロフィールを見る
画像一覧

スクールへの申込・問合せ

www.s-cultivate.com

上記のstudiio cultivate HPからスクールの詳細をご覧頂く事ができます。

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2009年 01月

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

最新の記事

「ローマ風トリッパの煮込み」..
at 2014-02-08 17:17
小粋な江戸の”鍋料理”を”ご..
at 2014-01-30 11:41
2013年『自然派ワインの新..
at 2013-12-11 23:31
至福の秋、美味しい日本茶で頂..
at 2013-11-26 18:54
ワイングラスで”アレンジ和食..
at 2013-11-16 23:44

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2012年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

出会いを繋ぐ仕事が今年も始まりました(記:藤本紀久子)

新年明けてから慌ただしく過ぎた1月、後半のイベントのひとつは、
西麻布Le Bainギャラリーで2/9まで開催中の「六高寺菜穂展」のオープニングでした。
古くからの友人でもある六高寺さんがオリジナルで製作する「SHIB」は、
日本酒を作る際に使っていた酒袋、布に柿渋を塗り重ねて使い続けた袋を使って作る鞄です。
内側には、昔の着物や大漁旗を使った大胆な美しさ、
真っ白いギャラリーにひと際力強い存在感を放って展示販売されています。
a0195310_16132546.jpg

a0195310_16135917.jpg

a0195310_16142389.jpg

もとの酒袋はこんな感じの長い袋、長年の間に白い布が濃い茶色になり、
繕って何度も使われたものです。
a0195310_16155839.jpg

使われた頻度によって色も風合いも異なる酒袋で作ったサック、
酒作りの道具だった袋が様々な表情を持って再生しています。
a0195310_16504294.jpg

昨日のオープニングではカルティベイトがパーティーのおもてなしをコーディネート、
酒つながり、そして米由来の発酵食品によるフード&ドリンクをご紹介しました。
糀や塩糀、米酢を使った優しい味のドレッシングで紅芯大根や蕪を和えました、
こうして歯切れのいい野菜に和えると、野菜の甘味が深まる気がします。
a0195310_16231327.jpg

クリームチーズに塩糀を塗って3日ほど、頃合いよく使ったチーズの糀漬けを
爆ぜた米でつくるぽんせんべいにのせて、柚子の香りを添えました。
香ばしさとクリーミー、深みのある塩味が美味しい一品になりました。
もうひとつは、酒粕と味噌で作ったディップのアペタイザー、
酒作りの副産物である酒粕は、粕汁以外にも様々な使い方が出来そうな食材ですね。
a0195310_16264030.jpg

飲み物は「古町糀製造所」の糀ドリンク、あたたかい糀ドリンクや、
生姜風味の「神社エール」がこの日の人気者でした。
新潟の本店とネットでしか買えなかったこの糀ドリンクが、この2月から東京で手に入ります。
2/1に自由が丘に、2/21松屋銀座にオープンします。(www.furumachi-kouji.com/)
a0195310_1631924.jpg

この日は、国産の健康茶に注目して商品を展開している伊勢佐木町の「いせぶらカフェ」
からも、ごぼう茶や柚子入りの焙じ茶、よもぎ煎茶などがふるまわれ、
糀とともに、寒い夕方からのレセプションでお客様に大好評でした。
健康食品店によくある薬草茶、大きな袋に大きな文字でちょっと素っ気ないですが、
いせぶらカフェさんが今回のイベントに合わせたパッケージはそんな面目躍如ですね。
a0195310_16381112.jpg

a0195310_16383481.jpg

和の食材にこだわったいせぶらパウンド、桜の塩漬けと小倉餡の桜パウンドは
ほんのりとした塩味が心地よいお菓子でした。
a0195310_16413132.jpg

暮らしのなかの小さな美意識の気付きをかたちにすることが上手な六高寺さん、
HITOMONOKOTOというブランドを主宰しています。(www.hitomonokoto.com/)
今回の展示でも、SHIB以外に様々なものを提案していて素敵です。
いろいろなかたちの瓶を竹で編んで装飾したものは、繊細な伝統工芸を軽やかに見せています。
a0195310_16463283.jpg

植物の蔓とパワーストーンの組み合わせも、オリジナリティのある美しさです。
a0195310_16474624.jpg

酒袋を作るHITOMONOKOTOの六高寺さんと糀をつくる古町糀製造所、
そしてLe Bainギャラリーと様々な出会いを繋ぎながら、
酒や糀という伝統食材の現代への再生の仕事をお手伝いしています。
今年も、いろいろな視点で人やものを繋ぎながら、心に残る仕事をしていきたいと思います。
[PR]
by s-cultivate | 2012-01-28 17:01

2012年、明るい一年を願って。

明けましておめでとうございます。
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

慌ただしい年末から一転、おせちで始まる元旦の朝はやはり心があらたまりますね。
鶏肉、三つ葉、飾り蒲鉾と柚子、薄口しょうゆのすまし仕立てのお雑煮は、
子供の頃から、お正月には母が用意していたスタンダードです。

五島列島、浜口水産さんの五島巻き、上質なすり身を堪能するさしみ一番かまぼこ、
湯島丸赤で定番のお多福豆、鮎家の紅鮭の昆布巻きなど、好物づくしをすこしづつ。
a0195310_2117372.jpg


干支の辰を見立てた大根の飾り細工の甘酢漬けは、京都の三友居の単品おせちから。
こんな見立ての食文化、福や幸を願う縁起物、日本の食文化の一旦ですね。
a0195310_21202194.jpg


スタジオにも、福を呼ぶ様々なしつらえを施してみました。
友人からいただいた木瓜には富士山を見立てた紙細工。
a0195310_21225247.jpg

様々な赤いものを集めて、晴れやかに。
a0195310_21235837.jpg

amabroの金彩の大皿にも見立ての紙細工を。
a0195310_2124559.jpg


夕方に鎌倉まで初ランニング、稲村ケ崎から望む夕日。
明るい光が海面にこぼれて鮮やかな風景、江ノ島の深いシルエットも陰影を添えます。
今年も皆様にとって幸多い年でありますように。
a0195310_2127523.jpg

[PR]
by s-cultivate | 2012-01-01 21:28