藤本紀久子、相原幸雄、藤本洋子で運営するフード&デザインプロデュース会社。神奈川県藤沢市のスタジオにてクッキングスクール・料理教室も開催。主宰はクッキングコーディネーター藤本洋子。


by s-cultivate

プロフィールを見る
画像一覧

スクールへの申込・問合せ

www.s-cultivate.com

上記のstudiio cultivate HPからスクールの詳細をご覧頂く事ができます。

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2009年 01月

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

最新の記事

「ローマ風トリッパの煮込み」..
at 2014-02-08 17:17
小粋な江戸の”鍋料理”を”ご..
at 2014-01-30 11:41
2013年『自然派ワインの新..
at 2013-12-11 23:31
至福の秋、美味しい日本茶で頂..
at 2013-11-26 18:54
ワイングラスで”アレンジ和食..
at 2013-11-16 23:44

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2011年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2011自然派ヌーヴォーを楽しむ会開催(記:藤本紀久子)

11/23、心配されたお天気も昼間はとても心地よく、
ヌーヴォーのワイン会にふさわしい日和になりました。
a0195310_23485773.jpg

湘南に自然派ワインをひろめつづけるロックスオフの若林さんのセレクトで、
白は、自然派では有名な大岡さんのラ・グランド・コリーヌのヴァン・ヌーヴォー・ブラン、
ピュズラ・ボノームのヴァン・ヌーヴォー・ブラン。
赤は、ルー・デュモンのボジョレーヌーヴォー、
新井順子さんのボジョレー・ヴィラージュ・プリムール
フレデリック・コサールのボジョレー・ヴィラージュ・プリムール・ラパン、をはじめ
シリル・アロンゾのボジョレー・ヴィラージュ・プリムール・コカ など7種。
a0195310_2359715.jpg

白はピュズラ・ボノームが人気で早々に完売、赤はフレデリック・コサールのラパンが人気、
味はきっちり、打ち出しは変わり種のシリル・アロンゾのコカ、
添加物たっぷりのコカコーラを皮肉ったラベルという反骨精神です。

カルティベイトが用意したアペタイザーは、ヌーヴォーにあわせて軽やかに。
先日のフランス旅行の味の記憶を辿りながら試作も楽しみました。
まずはスターターの一皿、
クミン風味の人参とマスカルポーネの軽いタルト、グジェール、豚肉のパテ。
a0195310_07588.jpg

人参のタルトは、先日のフランス旅行の際にマルシェで食べたものを再現、
まずは人参をクミンと塩で茹でします。
a0195310_09676.jpg

マスカルポーネとカッテージチーズをブレンド、卵を加えたソースをかけて、
a0195310_0101134.jpg

試食用に小さく焼いてチェック、これでOK、人参の層も出てます、
a0195310_0122587.jpg

今日好評だったケークサレ、これは洋子のレシピで、
自家製のドライトマトやアンチョビが大活躍。
a0195310_016650.jpg

a0195310_017507.jpg
a0195310_0163392.jpg

今回は、集まっていただいた皆さんにご紹介したい食材のアンケートもお願いしました。
スペインの内陸、アリカンテ地方で中世から続く塩田で採取される太古のミネラル塩、
これをスプレー状にした新しいかたちの塩です。
a0195310_02248.jpg

海洋汚染のない200万年前の地層で結晶化した純度の高さ、
カリウム豊富でナトリウムが少ないという、からだにやさしい塩。
まだ輸入が始まったばかり、これから新しい食卓のスタンダードになる予感です。
a0195310_0223498.jpg

あわせて、パリのオリーブオイル専門店で購入した、
プロヴァンスの生産者ごとに違う味わいのオリーブオイルもテースティング、
a0195310_0251997.jpg

パリの路面店ではパッケージデザインもディスプレイも計画されていて、
フードとデザインが上手に融合したいい事例でした。
a0195310_0294416.jpg

a0195310_030255.jpg

a0195310_0304889.jpg

美味しいものや食に関する関心の高さは、世代ではなくライフスタイルですね、
様々な年代のお客様から、参考になるご意見をいただきました。
a0195310_0335940.jpg

[PR]
by s-cultivate | 2011-11-24 00:45

食物繊維たっぷりの「人参ジュース」を使ったメニュー”をご紹介 (記:藤本洋子)

掛川有数のお茶メーカー、丸山製茶さんの「きみくら」で販売している「生姜入り人参ジュース」の簡単で美味しい使い方のご紹介をさせていただきました。化学肥料や農薬を使わないで育てた国産人参をたっぷり使い、独自の加熱殺菌法を用いているので“βカロチン”の減少を抑え、食物繊維、栄養価も豊富に摂取できるという、美味しく、体に良いジュースです。


a0195310_1881230.jpg

「人参パンケーキ」に糀と生姜のシロップを添えて。
市販の粉を使って卵を使わないレシピ、アレルギーのお子様にも安心です。
a0195310_18155212.jpg

「人参の炊き込みピラフ」 炊飯器で出来る簡単人参ピラフ
a0195310_18174642.jpg

「温野菜サラダ・人参ドレシング添え」  色鮮やかなドレッシング
a0195310_18184674.jpg

「ホット人参ミルク」  温めたミルクと一緒に、冬の温かいドリンク
a0195310_18194788.jpg

「人参糀ドリンク」  人参と糀、自然の甘さの優しい組み合わせ
a0195310_18202837.jpg

「人参の和風スープ」 人参生姜ジュースを昆布出しで割って

a0195310_18273148.jpg

この「生姜入り人参ジュース」は「きみくら」のHPから購入いただけます。
冬本番、あったか美味しい”人参メニュー”はいかがですか?
[PR]
by s-cultivate | 2011-11-21 18:31

変わらない豊かさと、変わりゆく豊かさと(記;藤本紀久子)

長崎・五島列島の浜口水産さんのブランドリファインプロジェクトの一環として、
フェリーなどが発着する福江港のショップがリニューアルいたしました。
年末年始の需要期に向けて、また年末に帰省する方達のお土産需要も、
日本人がいちばん練り物に親しむ、本格的な冬を迎える前のリニューアルです。
a0195310_18555328.jpg

五島では、昔はみんな家で作っていたという練り物の「てんぷら」、
関東ではさつまあげという総称で呼ばれますが、
流通にのせるようになってから忘れられてしまった昔のレシピを復刻し、
つなぎを使わず、魚種ごとに魚だけでつくるすり身の揚げ物は、
想像以上の風味、小気味いい弾力、食べてみなければわからない唯一無二の美味しさです。
a0195310_1901866.jpg

この秋のいちおしは、五島名物の水いかがたっぷり入った、飛魚のてんぷら。
いかの旨味と思いのほか優しい風味のすり身の相性が抜群。
a0195310_1931398.jpg

素材の豊かさが日常にある五島。人々は、そんな自然をことさらに語ることもなく、
静かに、ゆっくり、優しい暮らしを営み、その結果として、
こんなに美味しいものをいとも普通に毎日一生懸命作っています。
そんな営みに、静かに感動してしまう私たち。
仕事をお手伝いしながら、心あらわれることが多い五島列島出張です。

まずは、福岡から夜通し揺られて向かう太古丸で向かえた朝。
a0195310_19142619.jpg

美しい高浜海岸、海水浴場なのに、夏でもそんなに混まないとか。
海と空と砂、間近に迫る山、
こんな場所に気が向いたら訪れることが出来る生活が羨ましい。
a0195310_19103441.jpg

島の果ての高瀬崎灯台、映画「悪人」の舞台になったことでさらに有名に。
近くに行ってみなければわからないスケールと、美しいフォルムの灯台、感動。
a0195310_19133696.jpg

崖っぷちから覗いた海、東シナ海なんだ、とあらためて思う。
a0195310_19204825.jpg


半泊という、10人しか住人のいない限界集落を訪ねました。
廃校になった分校に暮らすご夫妻は、秋まではカフェを営んでいます。
毎日の営みには苦労もたくさんあることと思いますが、
こんな場所で目覚めたらどんなに気持いいかと思わせます。
簡素ながら趣きのある教会が、大切にしている押し花を見るようでした。
a0195310_19245418.jpg


こんな移動に使うのは、電気自動車のレンタカー、初めての体験、
思いのほかしっかりした足回りで快適ドライブ、軽自動車よりずっといい乗り心地、
ただし、内装や備品にもうちょっとデリカシーが欲しいなあ、ほんとはね。
どんどん減って行く走行距離にハラハラしながら充電ポイントに向かいます。
五島には、各所に充電ポイントがあるから比較的安心、初充電。
a0195310_1918495.jpg

a0195310_1919628.jpg

五島は、自治体がこの電気自動車の導入に積極的です。
美しい自然を汚さず巡る旅、淡々と自然のままに暮らす豊かさのある島で、
これからの豊かさとは何かを考えさせられました。
[PR]
by s-cultivate | 2011-11-07 19:31